安上がりCG講座

最初に謝っておきますが、もはやすでにCGで絵を描いてらっしゃる方には
全く参考にならない講座だと思います。
今後、ローコストでたいした勉強もしなくて済むのなら、CGでマンガやちょっとしたイラストを描いてみたいな、と思ってる方に、こんなソフトで、こんなヘタレで、こんなにCGの知識がなくても描けますよ、みたいな……_| ̄|○
きっと非効率的なことをいっぱいやってますが、鼻で嗤って流してください……


さて。
どりが普段お絵かきに使っているソフトは

Comic Studio Mini

Pixia

ウェブアートデザイナー

の3点です。
あたしゃ「ふぉとしょ」も「ぺいんたー」も持ってませんよ!
Comic StudioとPixiaは、ペンタブのコミックセットってヤツについてきました。 (確かセットで1万円くらい)Pixiaに至っては、フリーソフトだし。
ウェブアートデザイナーは、ホームページビルダーのおまけです。
つまり。
お絵かきのためにソフトは買ってないトンデモナイヤツなのでした。

で。
これらの安上がりソフトでいかにしてCGらしきものを描いているかを、拍手お礼だった制服エロ絵でご紹介したいと思います。
(例が微妙にエロ絵ですので、お若い方、苦手な方はご注意)



まず始めに開くのはComic Studioです。
下絵をアナログで描くこともありますが、現在スキャナが壊れてることもあり_| ̄|○ いきなりPCでアタリからとります。
紙の大きさは今回はB5。小さめの絵にはA6も多く使います。

どりはヘタレですので、アタリでもレイヤを何枚も使います。(ノω・、) ウゥ・・・
今回は3枚↓はしたない格好の美誉子と、机と、立ちションにしか見えない晃の後ろ姿。
レイヤはグレースケールで、ペンは鉛筆モード。

  

それを重ねると↓こうなります。


そしてそれに更に1枚ずつレイヤを重ねて、人間らしく描き込んでいきます。
下絵らしくなってきたら、アタリレイヤは削除して、下絵の3枚だけ重ねて余分な線を消してやっとできあがり。
この↓下絵を描くだけでレイヤ6枚費やしてるってことで……_| ̄|○


何故に下書きをComic Studioでやるかと申しますと、グリッド線があって便利なのと、画面を傾けたり反転したりが簡単にできるからです。
アナログでお絵かきする場合、紙を傾けたり、裏返したりして描きますよね。あの感覚で描けるので、比較的バランスがとりやすいような気がしてます。

ここで保存します。Comic Studioのファイルはそのままだと互換性がないので、JPEGファイルへの書き出しも忘れずしてください。書き出し処理はくれぐれも、RGBカラー/グレーモードで。

マンガだったらこのままComic Studioでペン入れ・トーン貼りまでしちゃうのですが、今回はイラストなので、線が綺麗で融通が利きやすい(どり比)Pixiaに移動。

Pixiaで、保存したJPEGの下絵ファイルを開きます。
それに新たなレイヤを重ねてペン入れします。
レイヤはやはり3枚使います_| ̄|○
黒で、ちょっとぼかしの入ったペン先が現在お気に入りです。細さは基本的に3×3。
細かいところは「画像ツール」の中にあるスムーズズームを使うと便利です。
レイヤー設定は乗算。でないと、下位レイヤーに見えない部分とか出てきちゃうので。


↑ペン入れ出来ました。美誉子の目を開けたりなど、結構修正してます。
薄いように見えますが、どうせあとで色調補正するので大丈夫です。
しなくてもいいのですが、どりはここで、最初に開いたJPEG下書きを見えなくしておいて、ペン入れレイヤを結合させ、ゴミを消したり、微調整を行います。
バラバラだったレイヤに一体感が出るんではないかという自己満足作業ですが… 

さて塗りです。
今回はモノクロなので(カラーについてはとても語れないので)使うのはパレット2だけ。
塗る部分に応じてレイヤを作っていきます。合成方法はひたすら乗算。
要するにグレースケールなので、レイヤの濃度で濃淡を調節します。
例えば髪レイヤーを例に上げますと↓ピンぼけで見えませんが、60%にしてます。
髪に拘らず、同じ濃度でいけそう、且つ、重ならない部分は塗ってしまいます。
このレイヤでは↓のように、ふたりの髪と、美誉子のスカートとソックス、晃のベルトを塗っちまいまいした。
 

塗り方は、範囲指定でどばっと塗りつぶすこともありますが、水彩モードでぼけぼけに塗り重ねるのが好きなので(感性があくまでアナログなんでしょう_| ̄|○)ひたすらペンで塗り塗り。はみ出したところや光のあたるところは消しゴムで消し消し。
影は最後に、影専用レイヤ(濃度30%くらい)を作って、まとめて塗ります。
今回はモノクロにもかかわらず、塗りレイヤだけで6枚_| ̄|○
晃のセーターやパンツの模様も、Pixia純正のテクスチャ使用です。



↑一応出来上がり。
しかし、pixiaには重大な弱点がありまして、縮小がイマイチ弱い。
なので、ここでまたJPEG保存して、ウェブアートデザイナーに移動。

ウェブアートデザイナーで、50%くらいに縮小して、ちょっとカットし、色調補正をしました。
白黒のままの方がメリハリが利いてるんですが、夕方っぽくしたかったのと、エロ度upを鑑み、赤にしてます。それになにより、少しでもヘタレをごまかさないと_| ̄|○
そして拍手用ってことで、軽くしたいので(モノクロだし)gifで保存して完成↓。



以上、少しでもCGやってみたいという方の応援になれば幸いですm(__;)m
(ならんだろうな……)

                                               シリーズ目次に戻る